生涯年収を高めるなら外資系企業がおすすめ

なぜ外資系だと生涯年収が高い?

外資系は生涯年収を高めることが可能です。なぜなら成功している会社に所属できるからです。外資系とは外国に本社を構えていて日本に支社があるというものですが、外国に進出する為には自国で成功していることが前提となります。自国で多くの成功を収め、更にグローバルに会社を広げていこうとしているのです。 非常に勢いがあるので、福利厚生面はもちろん月給も高く多くの方が入社したいと感じています。グローバルに仕事をする外資系に入ると社会人としてのスキルもどんどん上昇するのでメリットが多いです。更に外資系は定時は定時、休日は休日など決まり事に対してきっちりしている場合が多いです。なので社員もストレス過多にならず、安心して働けます。

狭き門であることは間違いない

そんな魅力的な外資系なので入社したいと思うものですが、非常に狭い門をくぐらなければいけません。まず外国の企業なので英語をしっかりと話せなければ社員として機能できません。最低限の英語だけでは駄目で、ネイティブの発音の癖までも理解できるような高いレベルの英会話能力が必要不可欠です。 英会話ができるだけでなく、頭脳も高いレベルが求められます。何事もすぐに理解して仕事を進める判断力や臨機応変な対応など多くのことが求められるのは事実です。 これらの事から、新卒で入社を目指すよりもある程度社会経験を積んでから中途で入社を目指す方が現実的です。英会話能力やビジネススキルを磨き、外資系に転職するのは大きなモチベーションアップに繋がります。