英語のスキルを活かせる転職なら外資系企業へ

あなたの得意を活かそう

近年英語教育が進み、海外留学や幼少期からの英語教育などで、英語を特技の一つとしている人は多いと思います。その特技を活かして活躍することが出来るのが外資系企業ではないでしょうか。 念頭に置いておくべき事として、外資系企業では英語が出来るのは当然であって、就職後は英語が出来るというのは特技にはならないことがあり得ると言うことです。日本人だけではなく、他国の人材がいる企業であれば、なおさらではないでしょうか。そこで大切なのは英語プラス、他に資格や業務経験などがあるかどうかということになります。外資系企業でキャリアを積みたいのであれば、MBAや海外企業で評価される資格などを、予め習得しておくということも考えておくと良いかもしれません。

英語で面接:ライバルにどう差をつける?

外資系企業での面接は、外国人マネージャーと英語で実施される場合もあることでしょう。その場合、日本語の面接とは大きく異なるポイントがあるのをご存知でしょうか。日本語面接では謙遜が美徳であると考える人もいると思いますが、英語面接ではいかに自分の特技や過去の業績をアピールできるかが重要なポイトになります。嘘はご法度ですが、自分を大げさにアピール出来るくらいが良しとされているようです。また、自分の短所をいかに長所で補うことが出来るかを、即答できるようにしておくことも重要かもしれません。 さらにライバルに差をつけるために、面接後にお礼のメールやカードを面接官に送りフォローアップするのも良いでしょう。面接の為に相手が割いた時間や、自分を面接に呼んでくれたお礼などを述べておくと好印象を与えることが出来るでしょう。